毎日は小さなことの積み重ね。そんな日々の記録。


by hanacoromo

カテゴリ:映画・ドラマ( 3 )

海街diary





e0211786_14241477.jpg







昨日、映画「海街diary」を観に行きました。
大好きな吉田秋生原作、大好きな是枝裕和監督作品♩
大好きが二つ重なった幸福な時間。


映画は、どちらの世界観も併せ持った、
優しい作品でした。
四姉妹の住む、普通の古い日本家屋が素敵で、
叶うなら、ぜひ隅々まで見てみたい!
是枝監督も「この家が見つからなければ撮影ははじめられなかった。」と雑誌のインタビューに有りました。
でもこの家、鎌倉の民家を借りて撮影したとかで、それって今も普通に住んでるって事よね?
一般開放は無さそうです。残念…

海街、続編とか無いのかな?
原作も、まだまだ続行中。あっても良さそうよね〜。
観終わった後、暖かくて寂しい、そんな2つの感情が残る、いい映画でした。



by hanacoromo | 2015-06-18 13:56 | 映画・ドラマ

ディズニー映画2本



e0211786_168115.jpg






今日は暖かい一日でした。
こちら、昨日は以外に風が冷たくて寒かったんですよ。


さて、先週と今週と、立て続けにディズニー映画を観て来ました。
「ウォルト・ディズニーの約束」と「アナと雪の女王」。


「アナと雪の女王」可愛いですねぇ~♪
最初は、顔に対する瞳の大きさが気になって仕方なかったけど(笑)、
途中からそれも慣れたし、何よりバックの絵がリアルで綺麗♪
あ、あと、今時のディズニー映画って、会話があんなに現代風なんですね。
テンポがよくて、思いのほか短く感じたかも。
内容は子供にも分かりやすい様に筋立てがシンプルで、
大人でも充分楽しめるものでした。
観たのは日本語吹き替え版です。
英語版は一日一本だけの上映だったので断念。


そして、先週みたのが「ウォルト・ディズニーの約束」。
「アナと雪」の人気に押されて、早々に上映終了してしまいそうなので、
まずはそちらを先に。


映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話を題材にしたこの映画、
観ておいて本当によかった。
原作者P.L.トラヴァースの心の痛みが伝わってきて、とにかく切ない。
多分、殆どの人が大人になる途中で、
子供の頃の辛かったり嫌だったりした記憶を、心のどこかに仕舞ったり蓋をして、
消化出来ずに生きている気がする。
原作者のトラヴァースにとっては、「メリー・ポピンズ」の映画製作自体が、
本人の意図とは別に、何十年も持ち続けてきた辛い気持ちを整理する作業になってしまう。
映画化作業と同時進行に彼女の子供の頃の出来事が明かされていき、
観客は次第にトラヴァースの心の痛みを知るのです。
そして、きっと観客の殆どが、彼女の心の痛みが少しでも和らぐこと、
それを望みながら映画を観続けていくのです。

もう既に他界されたトラヴァースですが、
最後は、少しは癒されたかな?

「チム・チム・チェリー」の曲が、切なくて仕方が無いのでした。。。
「アナと雪」の人気に押されて話題に上げられないけれど、
私はこちらに軍配を上げます。




写真は、「へったくそな鶯の鳴き声」と思って窓の外を覗いてみたら、
目の前の電柱に留まってた子。
しかし、鶯ではないような???

あなた、だれ?





*****





ご訪問ありがとうございます。
日々の暮らしの中の小さな出来事をつづっています。
誰かに呼んで貰えている・・・
そんなことが嬉しい最近です♪

コメントも、書いて頂けるとうれしいです。
承認制を取らせて頂いていますので、ご了承お願い致します。


ブログランキングに参加しています。

ポチッとして頂けると励みになります。
どうぞ、よろしくお願い致します(^^)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキング


リンクフリーです。
どうぞ気軽にリンクしてください♪
by hanacoromo | 2014-04-15 16:53 | 映画・ドラマ



e0211786_15353690.jpg





週末見たDVD。
「マリリン 7日間の恋」は、マリリン・モンローがイギリス映画に出演した際のお話。
色々な悩みが重なって上手く演技が出来ないマリリン、
その良き理解者となったサードADとの、ほんの短い間芽生えた恋。
主演のミシェル・ウィリアムズは、決してマリリンに似ている訳ではないけれど、
マリリンの持つ色気や、可愛らしさ、儚さをとても上手く演じていて、
見ているうちに違和感が無くなりました。
その恋のお相手は、未だ大ヒット中のレ・ミゼラブルで、
コゼットの恋のお相手マリウスを演じています。
彼もまた、初々しくて良い感じなのです♪


私はマリリン・モンローの映画は殆ど見たことがありません。
そんな私が彼女に興味を持ったのは、
エルトン・ジョンのアルバムに入っていた1曲を聞いた事がきっかけでした。



Candle in the Wind



エルトン・ジョンがマリリン・モンローに捧げた曲です。
10代の私は、この曲に出会って初めて、
マリリンが幸多い人生では無かった事を知りました。
今聞いても、なんとも切ない気持ちになります。
でもこの曲、リメイク後のダイアナ妃に捧げたバージョンの方が有名ですね。
どちらも、思いの篭った歌詞に心打たれます。

アルバムを録音したカセットテープはとっくの昔に捨ててしまいましたが、
今はyoutubeで聞く事が出来ます。
映画を見終わって、久しぶりにこの曲に浸ってみたくて、
一杯検索して聞いちゃいました~♪





*****





ご訪問ありがとうございます。
日々の暮らしの中の小さな出来事をつづっています。
誰かに呼んで貰えている・・・
そんなことが嬉しい最近です♪

コメントも、書いて頂けるとうれしいです。
承認制を取らせて頂いていますので、ご了承お願い致します。


ブログランキングに参加しています。

ポチッとして頂けると励みになります。
どうぞ、よろしくお願い致します(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキング


リンクフリーです。
どうぞ気軽にリンクしてください♪
by hanacoromo | 2013-03-18 16:04 | 映画・ドラマ